Just another WordPress site

旅のストーリー

美容

カミツレエキスの効果

投稿日:

カミツレエキスとは?

カミツレエキスとは、キク科の一年草である「カミツレ」の花から抽出されるエキスです。

カミツレエキスの原料となるカミツレは、ハーブとしてとても有名で、「代表格」の一つといっても過言ではありません。もっとも現代では「カモミール」の名前の方が通りが良いかもしれませんね。

4000年以上も前のバビロニアの時代から薬草として用いられてきたといわれており、ヨーロッパにおいても、民間薬としての長い歴史を誇ります。

ちなみにカミツレが日本に渡ってきたのは19世紀初頭のことで、それ以降、現代に至るまで栽培が続いています。

このようなカミツレですから、その安全性は折り紙つき。だから当然、その成分が濃縮されたカミツレエキス方の事情も推して知るべしといったところでしょう。そんなカミツレエキス、今後のさらなる有効利用が期待されています。

カミツレエキスの用途

カミツレエキスは、数千年もの間、人々に利用され続けてきたという背景もあって、既に心身に与える様々な良い効果が確認されています。よって現在では、カミツレエキスを用いた商品が多数出回っています。

カミツレエキスは、スキンケア・ヘアケア用の商品に利用されることが多いです。たとえばシャンプーやコンディショナー、入浴剤、各種化粧品・育毛剤などです。こうした商品においては、カミツレエキスは肌のコンディションを整え、健やかに保つ働きをしてくれます。

カミツレエキスの特徴の一つに、独特な香り(リンゴに似ている)があります。この香りにはストレスを軽減し、リラックスさせてくれる働きがあることから、カミツレエキスはマッサージオイルやお茶など、アロマテラピーのアイテムにも利用されています。

カミツレエキスの効果

カミツレエキスは、数あるハーブのエキスの中でも、特に幅広い効果を持つものの一つと言えます。そもそもカミツレには、古来より内用・外用ともに様々な効果が認められていたのですから、カミツレエキスの効果の方も、高く評価されて当然だと言えますね。

カミツレエキスの主な効果としては、以下のようなものが知られています。

  • 保湿
  • 収斂
  • 抗炎症
  • アレルギー
  • 殺菌
  • 養毛
  • 血行促進
  • 充血除去
  • かゆみ止め
  • 美白効果(紫外線防止)
  • ストレス解消
  • 鎮静

ちなみに、カミツレエキスの主な有効成分としては、以下のものが挙げられます。

  • カマズレン
  • アズレン
  • ビサボロール
  • フラボノイド

カミツレエキスは市販の様々な商品に配合されているほか、カミツレエキスそのものの販売もなされているので、用途に応じて、商品を選び分けるといいでしょう。

カミツレエキスの効果と活用

カミツレエキスの効果は複数ありますが、特に知られているものとしては、ヘアケアやスキンケア、マッサージやリラクゼーションにおいての効果が挙げられます。

カミツレエキスはヘアケアにおいては、その頭皮を引き締め、清潔に保ち、血行を促進してくれます。そのため、新しく生えてくる髪も自ずと健康になりますし、髪が薄くなってきた人の育毛にも効果があると言われています。

スキンケアにおいては、カミツレエキスは上記のヘアケアにおける効果に加え、みずみずしさを保ってくれ、さらに紫外線によるシワやシミ、ニキビなどのトラブルから肌を守ってくれます。

また、カミツレエキスの香りには、人を緊張状態から解き放ってくれる効果があります。

カミツレエキスを有効に活用するには、市販のカミツレエキス配合商品を買うのもいいのですが、手作り化粧品を作るのが最も良いかと思います。手作りですと、安全性も保証されますし、何より安く済みます。

カミツレエキスでメラニン対策

カミツレエキスの効果の一つに、メラニンに対するものがあります。

カミツレエキスには、美白効果があることが知られています。というのは、紫外線の害からお肌を守るから。この仕組みは、具体的には以下のようになっています。

お肌に紫外線が当たると、表皮細胞から情報伝達物質が発生し、メラニン細胞に対してメラニン色素を作るよう指令を出します。ところがカミツレエキスを使うと、この情報伝達物質のうち、「エンドセリン」と呼ばれるものの働きを抑制するのです。これによって、メラニン細胞の働きも鈍くなるというわけです。

ちなみに、カミツレエキスには、紫外線を吸収する働きもあります。

よって、メラニン色素の生成、ひいてはそれによる日焼け・シミ・ソバカスを防ぎたい方は、カミツレエキスが配合された化粧品を利用するといいでしょう。

カミツレエキス配合の日焼け止め

カミツレエキスは、化粧品の原料として盛んに利用されていますが、メラニン細胞の活性化を防ぐという性質から、日焼け止め用の化粧品に配合されるケースも多々あります。

メラニン細胞およびメラニン色素そのものは、お肌を紫外線から守る上で大切なものですが、過剰に生成されると、シミやソバカスとなっていつまでも残ってしまいますので、カミツレエキスでぜひとも過剰なメラニン色素をブロックしたいところです。

カミツレエキス配合の日焼け止めは、ドラッグストアや化粧品売り場などで簡単に入手できます。カミツレエキスは天然成分であることから、お肌にも優しいのですが、問題は他の成分。

商品によっては、せっかくカミツレエキスのメラニンに対する効果があっても、他の成分によってお肌に別の方向からダメージを与えてしまうこともありますので(たとえばかぶれや湿疹など)、日焼け止めを選ぶ際は、カミツレエキス以外の成分にも気を配るようにしましょう。

カミツレエキスの抗炎症作用

カミツレエキスの数ある効果の中に、「炎症を鎮める(抗炎症作用)」があります。

カミツレエキスの抗炎症効果を有効利用するためには、まずは外用してみるのがいいでしょう。カミツレエキスは、具体的には炎症を起こしている創傷面や、乾燥肌のかゆみ、ニキビなどに効果をあらわします。

抗炎症の用途でカミツレエキスを外用する場合は、部位や症状にもよりますが、商品の種類としては、シャンプーやコンディショナー、ローション、入浴剤、マッサージオイル、日焼け止めなどが知られています。

これによって、まずは殺菌や乾燥の効果が得られるでしょう。しかしより純粋に抗炎症効果を求めるなら、カミツレエキスそのものを添付するのがいいと思います。この場合は、お求めのカミツレエキスの説明書の指示に従って使うようにしてください。

カミツレエキスでニキビケア

カミツレエキスが炎症に効くのは、主にカミツレエキスに含まれている「ビサボロール」の働きによるもの。もちろん炎症そのものの治療は、医師に相談したり医薬品を使うのが一番なのですが、スキンケアにおいて、同時に炎症も鎮めたいなら、カミツレエキス配合の化粧品類をオススメします。

カミツレエキスがオススメな炎症の代表的なものにニキビがあります。ニキビに悩む人の場合、化粧品選びを間違えると、ニキビの炎症を悪化させてしまい、最悪醜いニキビ跡が残ってしまいます。しかしカミツレエキス入りの化粧品なら、炎症を鎮める効果のほかに、殺菌効果によって、ニキビの予防にも役立ちます。

「ニキビを治したいけど、化粧品も使いたい」という方は、カミツレエキス入りのものを選ぶといいでしょう。

カミツレエキス入り化粧水

化粧水は、スキンケアの基礎の基礎。どんなにメイクに凝っても、その基となるお肌のコンディションが悪ければ、その美しさも半減してしまいます。自分の肌に合った化粧水を使い、デイリーケアを充実させたいものです。

さて、お肌を整えるための化粧水の条件としては、まず保湿と収斂が求められます。また、お肌を清潔に美しく保つためには、殺菌効果や美白効果も忘れることはできません。その点、カミツレエキス入り化粧水なら、これらのすべての条件を満たすことができるのです。

カミツレエキスには、上記の効果以外にも、かゆみや炎症にも効きます。よってカミツレエキスには、健康なお肌のために十分な働きをしてくれるというわけ。特に敏感肌で、なかなか自分に合う化粧水が見つからないという方は、カミツレエキス入りの化粧水を選んでみてはいかがでしょうか。

カミツレエキスで手作り化粧水

カミツレエキスは、美しく健康なお肌を保つ働きから、化粧水の材料として人気があります。

近年は化粧水をはじめとする化粧品類の安全性に対する関心がとても高まってきており、消費者も安全な商品の選び方についてよく勉強するようになっています。しかしその安全性をとことん追求すると、「手作り」に行き着きます。前述のカミツレエキスは簡単に手に入りますので、カミツレエキスを使った化粧水を作ってみませんか?

カミツレエキスの化粧水を作るのは、とても簡単。基本の手作り化粧水というと、精製水とグリセリンに好みのエッセンシャルオイルを混ぜる方法がよく知られていますが、この場合はエッセンシャルオイルの代わりにカミツレエキスを混ぜます。

また、市販の化粧水にカミツレエキスを混ぜて使うという方法もあります。いずれの場合も、カミツレエキスの説明書の指示に従い、適切な量を加えるようにしてください。

-美容

画像の右クリックは禁止しています

Copyright© 旅のストーリー , 2019 All Rights Reserved.