旅のCAFE

hitachioota

旅のCAFE
VOL.36

街&アート 親子にっこり常陸太田

※イベントは終了しています。たくさんの方のご参加、ありがとうございました。


ママ、パパ、コドモ、みんなで楽しめるひたちおおたの旅の一日。
ぶらり歩けば、キラリが見つかる鯨ヶ丘のノスタルジックな商店街。
まち歩きの後は、子どもも大人も楽しめるアートワークショップ。常陸太田市のアーティスト・イン・レジデンスのアーティストの皆さんたちとご一緒に。

*詳細部分を変更することがあります。なにとぞご了承ください。

常陸太田のようすを写真で見る


●集合場所:常陸太田市郷土資料館駐車場 (常陸太田市西二町2186)  > 地図を見る
●受付:11:00-
●参加費:2,000円/お一人様 (小学生1,500円、幼児500円)/昼食、お茶代等
●主催:茨城県観光物産協会
●事業協力:
常陸太田市、常陸太田アーティスト・イン・レジデンス、NPO法人子連 れスタイル推進協会

【シーン1/スロータウン 鯨ヶ丘散策 (11:30−14:00)】

●会場:鯨ヶ丘商店街

・雛飾りでにぎわう商店街を子どもも大人も楽しくぶらり。お店に立ち寄ったり、老舗のお醤油屋「米菱」の蔵見学等。

【シーン2/アート×ワークショップ (14:30−16:00) 】

会場:郷土文化保存伝習施設「こしらえ館」(常陸太田市天下野7258) > 地図を見る
●アーティスト:ミヤタユキ  林友深 (常陸太田アーティスト・イン・レジデンス)
●ファシリテーター:やまもとさとし

・子どもも大人もいっしょに。たのしいひと時すごしましょう

【シーン3/アートミーティング (16:00-17:30)】

●会場:郷土文化保存伝習施設「こしらえ館」

・アート、アートじゃないこと、旅CAFEのゆるいトークタイム

【シーン3/アートミーティングの記録】

【シーン3】ではアート、アートじゃないこと・・旅、おやこ、商店街、一日の振り返りなどについて、参加者・関係者が思い思いに述べる時間となりました。
雰囲気は和やか、時に大笑い。でも中身はとても濃厚。大人の輪の中心では子どもたちがわいわい、きゃっきゃと謎のインスタレーション・・今回の旅を象徴するような光景の中でのミーティングとなりました。
以下はその際の、発言メモです。さまざまな気付きがありましたので、アップさせていただきます。


●光畑由佳さん:Mo-House代表、NPO法人子連れスタイル推進協会代表理事 
●伊東貴子さん:NPO法人子連れスタイル推進協会 
●スタッフAさん:NPO法人子連れスタイル推進協会 
●清瀬一浩さん:茨城県庁 
●佐藤 啓さん:常陸太田市役所、総務省 
●井坂聡行さん:常陸太田市役所 
●根本聡子さん:「子育て上手 常陸太田」推進隊 
●ミヤタユキさん:常陸太田アーティスト・イン・レジデンス 
●林 友深さん:常陸太田アーティスト・イン・レジデンス 
●清瀬仁美さん 
●伊東一晃さん 
●本橋乃依さん 
ー旅のCAFEスタッフー 
●山本 哲士:イベント総括 
●鈴木 聡 
●坂本 裕二 
●内 奈都美 
●柴田 亮子 
●瀬能 啓太:茨城大学 写真担当  
※以下、敬称略 


山本:まずは今日の【旅のCAFE】について。今回の旅はこれ以上の人数ならワークショップが成立しなかったかな(一般参加:31人)。魔法のかかる数ってあって、今日のワークショップも『これくらいの人数、これくらいの親ならこんな魔法かな』というところでうまくいったと思う。   

 今回は東京からのツアーバスが出なくて残念だったけど、(交通費負担の大きいやり方で親子を)東京から呼ぼうとすること自体違うのかなということもあったりして。 

 親子旅は経済効率にあわないと非常に思う。そこは通常と違うやり方、見せ方をしないといけないのかな。親子の時間をつくることを考えたとき、受益者負担だけではすまないところがいよいよあるかなと思う。 

 うちの場合、今日ぐらいの年齢の子どもがいたときって30代の公務員と専業主婦の家庭で、休みの日の使い方とかお小遣いの使い方とかあって。それもよく考えてやっていくにはどうしたらいいかな。その一方でこういう機会を知ってほしいなーというものある。 

 そこで、清瀬さんの息子さんはこの騒音でもグースカ寝ていたよね。彼にとってこの環境は迷惑なものではない。それもどういうことかということもちょっと話してみたい。 

光畑:清瀬さんの息子さんが寝ていたことは象徴的だよね。例えば、お母さんが一生懸命子育てしていてもなかなか寝ないという神経質な子どもが、こういうところに連れてくるとお母さんも楽しい、お父さんも楽しいと、子ども寝ちゃうってことある。そうすると、お母さん我慢しなくていいんだな、親も一緒に楽しんでいいってことに気付いてくる。今日みたいな状態、親に連れ回される子どもっていいんじゃんって思う。 

 商店街で育っていろんな人がいる中で過ごすことって良いと思う。今の環境は輪切り。同じような学年、同じような子どもがそろっている。そんな中、大人に交じったり、斜めの人いたりで経験値つめることは、子どもにとってすごく良い。 

 Mo-Houseで授乳ショーというのをやっているんだけど、司会の助産師さんが「ここにいる子どもたちはきっとニートにならない」ということを言っていた。社会にもまれて育つことは子どもにも親にもいい。そういう機会を持ちたいけど敷居が高かったり、お金も出せないと言われちゃうとどうしたらいいか、と思うところある。 
 そこで「子どものためにいいですよ」と、子どもを口実に大人をひっぱってくるが、実は親にこそいい。というやり方はどうかなと思ったり。 
 
山本:自分の例でいうと美術館時代、365日中の250日くらい子ども対応のワークショップをやっていた。そんな中で、お金を払って展覧会をみていく人は極めて低い割合。最初は美術館でも展覧会みないとワークショップできませんをやっていたけど、それはやめにした。 

 学校や幼稚園免除で無料で展覧会をみていくのは60%以上で、そうはいっても、お母さん方の分かかるのはそれなりのお金になって関門になってしまう。
 子どもには美術館に来てもらうだけでとてもいい。いてくれるだけで美術館が活性化して元気な場所になるんだよね。 

 今日は雨で鯨ヶ丘を歩いているのは旅CAFEチームくらいだったけど、子どもの声が響いている、子どものいる風景って大切ですよね。佐藤さん、そのあたりはどうですか? 

佐藤:常陸太田で子どもがまとまっている場所ってあんまりないんですよね。たまたま旅CAFE前の3日間はミヤタさん、林さんが市内の進徳幼稚園で親子で楽しめるワークショップをやったんです。 

 常陸太田は高齢化率が30%を超えているが、いる場所にはこんなに子どもがいるんだよなと思った。新聞取材が来ていたが、子どもの話題は記事にしやすいだけでなく、気持ち的に良い写真が撮れたと言われたことも印象的で。

 子どもって将来、未来をすごく感じられる存在ですよね。自分は未来をつくる仕事をしているので、責任を負っているのは僕たちだと思う。(進徳幼稚園や旅CAFEでの機会は)子どもたちのために、どうやってより良い社会を作れるかと感じる場。だれでもそういう場に立ち会うと心が和み、前向きになる。子どもはいるだけでエネルギーもらえると思うんです。
 
山本:さて、せっかくの機会なので、旅でもアートでも商店街でも今日の感想でも、どんなテーマでもいいので皆さんのお話を聞かせてください。 

井坂:私にとって旅と言えば家族旅行。父が子どもにいろんなところを見せたいと国内いろいろ連れて行ってくれた。今日のような機会があって小さい子、家族だけでなくいろいろ人が集まることって楽しい。子どもが成長するなかで、いろんな人と触れ合うことって大事だなと感じました。  

坂本:大人が楽しむことってけっこう難しいと思うんです。飲み友達が子どもがいるからなかなか行けなくなったとか、親になった同級生が同窓会で「こんな楽しいこと大人になってもできるんだ」と言っていたが、自分たちの範囲の中で縮こまっちゃっていること多いのかなと思う。 

 親がバカになる姿を子どもに見せることって大切なのかな。海外旅行での実感ですが、出会った人たちがけっこうバカなことをやっていて。外国でアクティビティーに参加したとき、いい年のおじちゃんやおばちゃんが夢中になってはしゃいで、それを子どもも一緒に楽しんでる光景があって。そういう場を作っていけるとみんながもうちょっと楽になれるんじゃないかな。 

清瀬仁美:今日の旅、大人2000円の価値があったと感じた。いろんな経験できた旅だったので、 次回あったらまた参加したい。一度たのしいとわかると次につながると思うんです。 
 ただ、主婦の参加者が少ないなと思った。主婦の口コミはすごいのでどんどん広がると思う。私も今日のことを友達に伝えたい。そして今回のような機会に参加する人が増えていくとうれしい。  

瀬能:これまでの旅CAFEは、今日みたいにお子さんがたくさんいる形は少なかったが、最近家族連れが参加してくれるようになってきた。子どもがいると楽しい。自分はイベントの様子を撮影しているということもあり、子どもが楽しそうな場面、いろんな瞬間がおさめられる。これからもっと子連れが増えていくとうれしい。 

鈴木:旅のCAFE発足時から関わっているが、参加する方々の顔ぶれが変わって来ている。やっていることも毎回違うこともあり。スタッフ側としてはイベントの満足度をあげられるようにしないとなと思う。いろんな経験をつんでよいイベントできるようにしていきたい。 
 
根本:私は市民の側からお話しますね。私は下町商店街の近くで育った。この辺の子どもは普段触れる大人の種類が限られているから、アーティストや山本さんみたいな感じの人が来てくれるといろんな種類の大人に触れられていいと思います。またぜひ来てほしい。 
 
本橋:母が、子どもがいるから自分の行動を制限するということのないタイプだったので、お母さんが子どものために行動を制限することに違和感がある。子どもがいるから楽しいことってあるし、子どもがいてもできることはたくさんあると思う。制限するのはもったいない。
 こういう機会があって、お母さんたちも楽しめる環境あることが大事だと思う。ほっといても子どもは育つからもっと気楽でいいと思う。 

伊東:旅のCAFEは、大子の回が初めてで、牛久、土浦と参加してきた。参加していて思うことは、親が楽しめると子どもも素直に引き込まれて楽しくなっていく。ほっといても子どもは自分たちで楽しいことを見つけられるということ。 

 こういうワークショップって普段経験できないことを子どもに経験させたいと参加する。今日は自分の息子が紙やすりに夢中になっていたのを見て「この子こういうこと好きなんだ」といろんな発見あった。 
 お母さんが自分で楽しいと思うことをもっとやれるといいなと思う。その一歩を踏み出せないお母さんは多いけど、周りのみんなにどんどん声かけて「もっと親が楽しんでいいんだよ」と言っていきたい。 
 
伊東一晃:旅のCAFEは3回目。今まで船橋に住んでいて茨城のことはほとんど知らなかった。旅CAFEはマニアックなところを回るので、茨城を知るよい機会になっている。これからも参加していきたい。 

スタッフA:NPOで働きだして、子どもがいるお母さんが行動を制限されるということがわかるようになってきた。今回の旅CAFEに来る前に、子どものいるスタッフが自分の2、3歳の娘をイベントに連れて行っていいよといってくれた。最初は連れて行こうかなと思ったが、スタッフとしていくことを考えたら、仕事にならないかもとためらった。子ども連れで活動が制限されるってこういうところなのかな。 

 自分の親は子どもの頃、休日にいろんなところにつれていってくれた。野外活動、体験の中でいろんな大人を見たり、お兄さんお姉さんと関わったことが記憶に残っている。そういう経験を自分の子どもにもさせたいと思う。 
 
内:今日のワークショップに参加して、筑波大学附属病院でやっていたワークショップを思い出した。重症患者の方が検査に向かう緊張感を和らげたり入院しているおじいちゃん、おばあちゃんの気持ちを軽くできるようにと、検査にいくまでに通るガラス張りの通路でやっていた。 
 4、50代やお年寄りを想定してのワークショップだったが、参加者のほとんどが、親にくっついてきた子どもで。 
 ワークショップの内容は子どものために組み立てたものじゃないけど、子ども中心になっていいのかな?ずれてないかな?とその時は気になっていた。でも子どもをきっかけに患者の大人たちが集まってくることは確かにあって。(今日の旅CAFEで)病院でのワークショップに子どもがいたことよかったのかなと思えた。 

柴田:旅CAFEの準備では親子旅の組み立ての難しさを感じた。シーンの設定、食事の手配など、親子の求めるところとずれているのでは?と思うところがあった。でもやってみると皆さんそれぞれに楽しんでいた。まち歩きの時間が短くてお醤油屋さんの見学で時間が押してしまったり、間に合わない親子がいたけど、それはそれでまち歩きをゆっくり楽しんでいたり。 
 親子旅は寄り道が多い。旅の組み立ては余裕を持ってゆったり考えられるといいと思った。 

林:このイベント前の3日間は親子テーマに活動していて、最後がこの旅のCAFEで思うところいろいろあった。 
 いつもは親が子どもに教えること多いが、遊びに関しては子どもが親に教えている。夢中になれるもの見つけられると子は放っておいても育つ。親が夢中になれるものを見つけられないのも放っておけない理由かなと思う。子どものことでいっぱいになっちゃうから。何かに夢中になる姿は子どもたちが教えてくれる。ワークショップでも親がどんどん夢中になっていた。 

 旅のCAFEで思ったが、全部が決まったスケジュールではなく、余白を残したフレームづくりが大切ということ。(余白を残しておくと)あるものから子どもたちが何かを作り出したり、広げていく。 

 私は昔から、ワークショップとか一時的に初めての人と関わったり大人数で関わることが苦手だった。でもそれと今日の旅CAFEは違うなって思った。それは、放っておいてくれたり、親が話している間正座しているわけではなかったり、ここで遊びなさいと言われる訳でもなかったりすること。走り回っても、知らないおばちゃんに話掛けても怒られない。はさみも使える。今日はやっちゃいけないってことがあんまりなかった。 

 そしてもう一つ思うのは、自分の経験からも、親が夢中になっている姿を見ることは子どもはぜったいにうれしいということ。 
 私のお母さんはフルタイムで働いていたが、陶芸家なので好きなことを仕事にしていた。いつも楽しそうに1人で遊んでいるお母さんの背中見て育った。楽しそうなお母さんを見ていたから、私は放っておかれても育ったんじゃないかな。 

ミヤタ:私は今は芸術、昨年度は旅を仕事としてやっていたけど全然違うことをやってるという感覚はない。私の住んでいる水府にはおじいちゃん、おばあちゃんしか周りにいないけど、なんの違和感もなく。今日みたいに子どもがいてもなんの違和感もなく。観光、子育て、芸術というが、結局はひとつだなと思う。 

 行政や民間企業がやると大抵は言葉で表現するので 分けられちゃうことがほとんどだけど、アーティスト目線でいうと、すべてひっくるめて言葉にせず「みんな来てここで遊んで」という気持ちがあるだけで。
 
 仕事でアーティストをやっているわけではなくて、生きている中で絵を描いて作っている。子どもと同じことをしてるだけ。広く考えれば人間はみんな同じ。みんな同じで隔たりなくなる空間が大切(林:子どもが単純化してくれるんだよね)。それが当たり前だから。分化する必要なんかなくて。
 
 人は何でもできる。「私はこれしかできません」はおかしいなって思う。だれもがママに、パパに、子どもになれる。 
 今日のようなことはぜひ、他の地域でもやってほしい。何者でも、なんにでもなれる空間がいつもどこかに存在すべきなんだなと思う。

清瀬:分化の部分の話は、身につまされる。今回のような親子旅を観光物産課という分けられたエリアで考えると、どこかでお金を生み出さないとならない。この事業を福祉の部門が扱ったら出口が全然変わると思う。ただ、そこにはどこか楽しいエッセンスが必要で。
 
 昔の観光は物質と金銭の消費だったのが、これからは時間の消費といわれている。そんな中、旅のCAFEがやっていることは理にかなった取り組み。時間消費ではお金を生み出すのが難しい。子育て旅をやろうとしたとき、よそから人を呼び、県内でお金を落としてもらい活性化させることを考えると、股裂きにあって苦しい部分。 
 
 観光庁にいたときに、NPO法人ファザーリング・ジャパンの人とつきあう機会があった。そこでは絵本を読むのにお父さんがギターを弾いたりしていたけど、自分はそこまでやれないなと思うところあったりして。(子育てにおける「よい」というものをとことん追求する人と)自分・現状との隙間があき過ぎて、途中の目標が置けなくなっている。このステップをうめることが必要。  
 
 一方で、県庁の雰囲気をみると、子育て支援を一生懸命やるのは子ども家庭課の仕事だよねという考えがあって、例えば(部署という分化を超えて)自分の部局なら子育て支援で何かできることあるか・・、考えている人がどこまでいるかは疑問。 
 分化されているが故に考えられることを考えようとしない。分けられた世界で安住しているところがある。そこは課題と思う。今回考えるきっかけになった。 

光畑:分化しないほうが楽なんじゃない?というのは大きなテーマ。効率がいいから仕事と家庭、 仕事の中を分けてるけど、逆にすごく苦しくなっている。 
 
 何度か被災地支援に行っている、あるお医者さんのお話で、先日の支援で一緒に行った人たちが子どもを連れていたんですって。お医者さんは何度も支援に行っているけど、子ども連れでは初めてで、それが楽しかったんだって。笑っていいんですねって。 
 今は分化することでがんじがらめ、空気読んで楽しんじゃだめと思っている人が多いのかな。 
 
 いま話しているこの真ん中で子どもたちによる謎のインスターレーションが行われている。この子たちを見ていて良いと思いません?自分の子どもがこんな風に育ったらいいじゃんという子どもそろってる。 
 一時間近く自分と関係ない話をみんながしている状況で、大騒ぎしてお母さんの邪魔してもおかしくないのに、全然そんなことない。親じゃない大人に抱っこされても泣かない。そんな風に育つといいなーと思うんじゃないかな。そこは切り口になるかなと思った。 

山本:皆さんありがとうございました。ここでちょっとバラバラな話ですが・・非常に今日思ったのが、今までこの十何年、高齢化の中、おじいちゃん・おばあちゃんが子どもと触れ合うことで元気にとやってきたが、今日で考えを変えました!これからは若い人たちに、子どもがいる状況、こういう風景たのしいぞをとことん見せつけたい。早く子ども作ろう、結婚しようというあこがれ感を持たせたい。 

 それはワークショップの時によくキティーちゃんの話をするとこにつながってるんだけど、キャラクターには小さな子からお年寄りまでオールマイティーの共有の良さがある。子どもや親子は、高校生から見てもキラキラしているもの。 

 13年くらいまえ、美術館で毎月「やぁ!ミュージアムキッズ」というワークショップをやっていた。それは必ず11:35に終わる。ずっと美術館にいることないよ、せっかくの休日、お昼はパパ、ママとどこかで食べようよという思いがあった。 

 何が言いたいかというと、余白の話が出たが、親子の旅のコースをつくるのはやっぱり無理と思うんです。ただ、どこかで何かがやってるよという安定したものは必要で。 
 そこで、林さんが「玉喜屋ってお菓子屋があるよ。和菓子美味しいらしいよ」と言ってくれて、反対の耳ではミヤタさんが「竜神橋でバンジージャンプできるらしいよ」というふうなこと教えたり。それは分化の逆で、一つからの広がりなんじゃないかなと思う。 

 そして最後に、昨日亡くなった「まどみちお」さんがいなかったらボクのワークショップはなかったかなと思う。 

 「ぞうさん」という詩が書かれた昭和23年は、戦争でまだ動物園にぞうさんがいない時代。「ぞうさん」ができた背景を記者が質問したことあったという。まどさんはあまり真剣にインタビューに答える人ではなかったから、記者がどんどん進める質問に「ええまあ、ええまあ」と答えてできたという「ぞうさん説」がある。 
 それは、まどさんが子どもと動物園に行ったが、そこにぞうはいなかった。でもまどさん親子には見えない像が見えていた—。というもの。 
 ところが「サッちゃん」の詩を書いた阪田寛夫さんがまどさんにインタビューをしたら、そんな話はないんです、かわいらしいと思って書いた訳ではないという話になった(笑 
 
 詩人の吉野弘さんが“ぞうさん論”を書いている。歌を解剖してみるというもの。ぞうさんの歌は自分の得意を歌っているわけではないのでは?もしかしたら鼻が長いのは欠点かもしれない。いじわるな感じに「あなたってお鼻が長いのね」って言われても間髪入れずに「そうよ母さんも長いのよ」と言い返せるのは母の強さ。そういう親子の姿って面白い。 

 最後の最後になりますが、旅は非日常だけど、子どもはどこでも日常。非日常を日常にしていまう力がある。それがすごく面白いんだな。 

本日はありがとうございました。

【レポート】フォトギャラリー
お問い合わせ先:
(有)時の広告社 メディア事業部
〒310-0912 水戸市見川5丁目302-1
TEL.029-243-3997 FAX.029-305-5977
ryugasaki-ushiku

旅のCAFE
VOL.+plus

いばらき【旅のCAFE】地域セミナー in 龍ケ崎・牛久

  • 2015年3月10日(火)
  • 時間/10:00-16:00
  • 場所/龍ケ崎市歴史民俗資料館

イベントレポートを読む

旅CAFE inかすみがうら

旅のCAFE
VOL.44

雪入、空と大地の極上空間

  • 2015年2月21日(土)
  • 時間/10:00-17:00
  • 場所/かすみがうら市

イベントレポートを読む

セミナー水戸

旅のCAFE
VOL.+plus

いばらき【旅のCAFE】地域セミナー in 水戸

  • 2015年2月5日(木)
  • 時間/10:00-16:30
  • 場所/水戸市内

イベントレポートを読む

涸沼

旅のCAFE
VOL.+plus

いばらき【旅の CAFE】地域セミナー in 茨城町

  • 2014年12月16日(火)
  • 時間/10:00-16:00
  • 場所/茨城県東茨城郡茨城町

イベントレポートを読む

naka

旅のCAFE
VOL.43

なかよしこよしで那珂をゆく

  • 2014年12月6日(土)
  • 時間/10:00-17:00
  • 場所/静神社

イベントレポートを読む

takahagi

旅のCAFE
VOL.42

海も山も近いまち、龍馬みたいに歩いたら

  • 2014年10月19日(日)
  • 時間/10:00-16:00
  • 場所/高萩市

イベントレポートを読む

tukumai3

旅のCAFE
VOL.41

ブルーベリーアフタヌーン〜「つく舞」イブニング!

  • 2014年7月27日(日)
  • 時間/13:00-19:30
  • 場所/龍ケ崎市、牛久市

イベントレポートを読む

namegata-itako

旅のCAFE
VOL.40

つくだ煮、あじさい、夕暮のアヤメ

  • 2014年6月21日(土)
  • 時間/10:00-16:30
  • 場所/土蔵屋、二本松寺ほか

イベントレポートを読む

bando

旅のCAFE
VOL.39

将門の大地にみなぎる緑

  • 2014年5月24日(土)
  • 時間/11:00-17:30
  • 場所/お茶の根本園、岩井モール商店街ほか

イベントレポートを読む

uchihara

旅のCAFE
VOL.38

大地と大空 春の光に

  • 2014年3月22日(土)
  • 時間/11:00-17:30
  • 場所/水戸市内原地区

イベントレポートを読む

hokota0

旅のCAFE
VOL.37

春色ほこた「おいしいね」& 屋形船付

  • 2014年3月15日(土)
  • 時間/11:00-17:30
  • 場所/鉾田市

イベントレポートを読む

雛、秘仏、声に魅せられ、梅は咲く

旅のCAFE
VOL.35

雛、秘仏、声に魅せられ、梅は咲く

  • 2014年2月23日(日)
  • 時間/11:00-17:30
  • 場所/桜川市真壁町

イベントレポートを読む

daigo

旅のCAFE
VOL.34

さぶっ、でもいい気持ち!!冬日和

  • 2014年2月2日(日)
  • 時間/11:00-18:00
  • 場所/久慈郡大子町

イベントレポートを読む

tuchiura

旅のCAFE
VOL.33

ちょっとフレンチに(笑)ツ・チ・ウ・ラ

  • 2014年1月19日(日)
  • 時間/11:30-17:30
  • 場所/土浦市

イベントレポートを読む

hitachiota11

旅のCAFE
VOL.+plus

夜空の旅のCAFE in常陸太田

  • 2013年12月20日(金)
  • 時間/19:00−
  • 場所/常陸太田市

イベントレポートを読む

備前堀に沿って下市を歩く&涸沼の夕焼け付き

旅のCAFE
VOL.32

備前堀に沿って下市を歩く&涸沼の夕焼け付

  • 2013年12月14日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/水戸市本町,涸沼付近他

イベントレポートを読む

ぐるり女化 七変化

旅のCAFE
VOL.31

ぐるり 女化 七変化

  • 2013年11月30日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/牛久市,龍ケ崎市

イベントレポートを読む

ふらり、波山と蔵のまち

旅のCAFE
VOL.30

ふらり、波山と蔵のまち

  • 2013年11月9日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/茨城県筑西市(旧下館)

イベントレポートを読む

七会のかまどのメシと桂びな

旅のCAFE
VOL.29

七会のかまどのメシと桂びな

  • 2013年10月27日(日)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/茨城県城里町(旧七会,旧桂地区)

イベントレポートを読む

オトナタノシイ極上久慈川ツアー

旅のCAFE
VOL.28

オトナタノシイ極上久慈川ツアー

  • 2013年9月21日(土)
  • 時間/11:00-
  • 場所/常陸大宮市盛金,家和楽

イベントレポートを読む

ボート&BBQ!! 利根川モー満喫の旅

旅のCAFE
VOL.27

ボート&BBQ!! 利根川モー満喫の旅

  • 2013年8月24日(土),25(日)
  • 時間/11:00-
  • 場所/稲敷郡河内町金江津他

イベントレポートを読む

行方・潮来 夏草花のぶらり旅

旅のCAFE
VOL.26

行方・潮来 夏草花のぶらり旅

  • 2013年7月6日(土)
  • 時間/11:00-
  • 場所/行方市・潮来市

イベントレポートを読む

うまい!うつくし!ウノシマ尽くし

旅のCAFE
VOL.25

うまい!うつくし!ウノシマ尽くし

  • 2013年6月8日(土)
  • 時間/12:00-
  • 場所/鵜の島温泉旅館

イベントレポートを読む

春は茶摘みで、チャ!チャ!チャッ!

旅のCAFE
VOL.24

春は茶摘みで、チャ!チャ!チャッ!

  • 2013年5月11日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/お茶の根本園

イベントレポートを読む

大温室PARTY -おいしい春とゆたりの時間-

旅のCAFE
VOL.23

大温室PARTY!!! -おいしい春とゆたりの時間-

  • 2013年3月16日(土),17日(日)
  • 時間/11:00-20:00(土)/17:00(日)
  • 場所/日本農業実践学園

イベントレポートを読む

ぼんやり牛久沼・ぶらぶら龍ケ崎 春の巻

旅のCAFE
VOL.22

ぼんやり牛久沼・ぶらぶら龍ケ崎 春の巻

  • 2013年2月23日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/牛久沼,龍ケ崎商店街他

イベントレポートを読む

さぶっ!たのしっ!冬大子

旅のCAFE
VOL.21

さぶっ!たのしっ!冬大子

  • 2013年1月27日(日)
  • 時間/9:00-17:00
  • 場所/リュタン・袋田の滝 他

イベントレポートを読む

天心が出会った五浦

旅のCAFE
VOL.20

天心が 出会った 五浦

  • 2012年12月8日(土)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/茨城県天心記念五浦美術館

イベントレポートを読む

鵜の島探検隊

旅のCAFE
VOL.19

鵜の島探検隊

  • 2012年11月23日(金)
  • 時間/13:30-17:30
  • 場所/鵜の島温泉旅館

イベントレポートを読む

松林の風、秋の音

旅のCAFE
VOL.18

松林の風、秋の音

  • 2012年11月4日(日)
  • 時間/13:00-18:00
  • 場所/金波楼本邸 里海邸 他

イベントレポートを読む

山里 八郷 秋の里

旅のCAFE
VOL.17

山里 八郷 秋の里

  • 2012年10月27日(土)
  • 時間/13:30-17:00
  • 場所/駒村清明堂他

イベントレポートを読む

結い市×旅のCAFE 街あるきと音のワークショップ

旅のCAFE
VOL.+plus

結い市×旅のCAFE 街あるきと音のワークショップ

  • 2012年10月21日(日)
  • 時間/11:00-17:00
  • 場所/結城市内各所

イベントレポートを読む

利根川と牧場をめぐるSUP+E-BOATツアー

旅のCAFE
VOL.+plus

利根川と牧場をめぐるSUP+E-BOATツアー

  • 2012年10月6日(土)
  • 時間/11:00-15:30
  • 場所/稲敷市,稲敷郡金江津他

イベントレポートを読む

金砂郷 そばの畑に そよぐ風

旅のCAFE
VOL.16

金砂郷 そばの畑に そよぐ風

  • 2012年9月8日(土)
  • 時間/13:00-18:00
  • 場所/金砂ふるさと体験交流施設,菊蓮寺,西金砂神社他

イベントレポートを読む

水戸 いとなみ と まちなみ

旅のCAFE
VOL.15

水戸 いとなみ と まちなみ

  • 2012年8月26日(日)
  • 時間/13:00-19:30
  • 場所/水戸市末広町,愛宕町他

イベントレポートを読む

イイナ!イナシキ川景色

旅のCAFE
VOL.14

イイナ!イナシキ川景色

  • 2012年7月28日(土)
  • 時間/11:00-18:00
  • 場所/稲敷郡河内町金江津他

イベントレポートを読む

北浦湖畔 芭蕉が観た月

旅のCAFE
VOL.13

北浦湖畔 芭蕉が観た月

  • 2012年7月14日(土)
  • 時間/14:10-19:30
  • 場所/大洋駅,福泉寺,大儀寺,北浦湖畔駅

イベントレポートを読む

すがおの君が一番で

旅のCAFE
VOL.12

すがおの君が一番で

  • 2012年6月10日(日)
  • 時間/11:30-18:00
  • 場所/あすなろの里,菅生沼,一言主神社他

イベントレポートを読む

ココガコガ

旅のCAFE
VOL.11

ココガコガ

  • 2012年6月3日(日)
  • 時間/13:00-18:30
  • 場所/古河市街,まちなか再生市民ひろばetc.

イベントレポートを読む

里は美し 春の色

旅のCAFE
VOL.10

里は美し 春の色

  • 2012年5月13日(日)
  • 時間/10:00-17:00
  • 場所/大中神社,若駒つりぼりセンター

イベントレポートを読む

旅のCAFE vol.9 大洗

旅のCAFE
VOL.9

大洗商店街を歩く 旅は風情と味のよさ

  • 2012年3月25日(日)
  • 時間/10:00-17:00
  • 場所/マリンタワー前広場,曲がり松商店街等

イベントレポートを読む

農で伝える いばらきおもてなし心

旅のCAFE
VOL.8

農で伝える いばらきおもてなし心

  • 2012年3月17日(土)
  • 時間/12:00-18:00
  • 場所/真竜寺(東京・下北沢)

イベントレポートを読む

神様たちにあえそうな春の日

旅のCAFE
VOL.7

神様たちにあえそうな春の日 

  • 2012年3月4日(日)
  • 時間/12:30-17:30
  • 場所/つくば市神郡

イベントレポートを読む

人と歴史と伝統と 自分サイズの旅の楽しみ

旅のCAFE
VOL.6

文化輝く益子から 魅力を繋ぎ ココロを繋ぐ

  • 2012年2月25日(土)
  • 時間/13:00-18:00
  • 場所/陶庫,益子参考館

イベントレポートを読む

旅のCAFE VOL.5

旅のCAFE
VOL.5

人と歴史と伝統と 自分サイズの旅の楽しみ

  • 2012年2月12日(日)
  • 時間/14:00-18:30
  • 場所/久野陶園

イベントレポートを読む

旅のCAFE VOL.4

旅のCAFE
VOL.4

海の街 おさんぽ流儀 海と旧市街の楽しみ

  • 2012年2月4日(土)
  • 時間/13:00-18:00
  • 場所/まいわい市場,曲がり松商店街etc.

イベントレポートを読む

旅のCAFE VOL.3

旅のCAFE
VOL.3

冬の奥久慈 自分とむきあう旅ごころ

  • 2012年1月14日(土)
  • 時間/13:00-18:00
  • 場所/リュタン・袋田の滝

イベントレポートを読む

旅のCAFE VOL.2

旅のCAFE
VOL.2

あったよこんな魅力も!結城の街に

  • 2011年12月23日(金・祝)
  • 時間/10:00-14:00
  • 場所/ゆいのわ、茶蔵ほか(結城市内)

イベントレポートを読む

旅のCAFE VOL.1

旅のCAFE
VOL.1

水戸の魅力 ここにも あそこにも

  • 2011年12月18日(日)
  • 時間/12:00-19:00
  • 場所/好文カフェ

イベントレポートを読む